初級者のためのシーバスのルアーでの釣り方入門


シーバスは別名「スズキ」と呼ばれる魚で、これをルアーを使って釣ると「シーバス」という名前になるそうです。シーバスは何処で釣れるのかというと港の防波堤や岸壁等海辺であればどこでも釣れる可能性があり、1年を通して釣ることが出来ます。特に狙い目は3月から6月と9月から12月くらいです。一日のうちでは夜が多いですが日中でも釣れます。シーバスを釣るための道具の中で大切なのは、ロッドやリール、ライフジャケットです。は大雑把に言って、まずルアーをキャスト(投げる)し、ルアーを操作して釣り、釣った魚を取り込むという工程になります。ルアーをキャストするときは、人に当たらないように注意することが大切です。ルアーはその重みと遠心力を上手にロッドに乗せて反発力で投げます。着水したらルアーを操作するのですが、ただリールを巻くだけです。リールを巻くスピードは2秒に1回転くらいで、具体的にはルアーが動く感覚がロッドを通してわかる程度です。シーバスが食いつくとガツンという感覚でわかります。シーバス釣れて巻き寄せるときは、ライン(釣り糸)を緩めないようにすることがとても重要で、それはそうしないと外れやすくなるからです。水面では暴れやすいので気を付けてください。