シーバスをルアーで釣るための仕掛け解説


シーバスをルアーで狙う時の仕掛けは、ルアーの種類によって異なります。防波堤などで小物の魚を大型魚が追いかけている時にボイルが起きますが、シーバスが小物の魚を捕食している最中ですから、非常に活性が高い状態です。そんな時に役立つのがミノーです。ミノ-でシーバスを釣りあげるには、ミノーが捕食対象の魚と似たような動きや、弱った動きをした方がいいので、フックのサイズを変化させる事も大切です。基本的にはミノーでカラー等のバリエーションを揃えた仕掛けを用意しておけば、シーバスをルアーで的確に釣りあげられますが、ポイントによって潮の流れが速すぎる場合等は、メタルジグを使用するといいです。メタルジグはミノ-よりも重めな仕掛けになるので、潮の流れが速くても、ルアーを安定して動かす事ができますから、シーバスに違和感を与える心配が少ない魅力があります。またメタルジグの重さにより、遠投ができるので、広範囲を探れるのも便利です。ミノ-やメタルジグでも反応が無い時は、ソフトルアーのワーム等を使用すると、釣れる可能性があります。ワームはミミズの様な形をしたソフトルアーなので、フックを別途につける必要がありますが、ジグヘッドを使用すれば、簡単に仕掛けが完成します。根掛かりがある場所では、オフセットフックを仕掛けに採用すれば、根掛かりのリスクを減らす事ができます。