初心者にほど使ってほしいシーバスロッドのおすすめの厳選3本

シーバスロッドのおすすめはビギナー向けからベテランアングラーで異なるのでここでは一応万人向けにたとえビギナーの間では買える代物ではなくても「いずれ手にしたい」誰もが憧れるような一度は使ってみたいそんな夢のようなシーバスロッドをご紹介しようと思います。

1、ダイワモアザンブランジーノ

やっぱりおすすめはこれでょうね!シーバスロッドといえばほしい人は多いはず。私はいまでこそこれを使っていますがはじめての頃はもちろん安いロッドでした。このくらいのクラスになると持っている自分の所有欲という自己満足感も大きくシーバス釣りに行くのが楽しくなってくること請け合いです。

シマノエクスセンス

上記のシーバスロッドがダイワの一番人気ならシマノでいうと間違いなくこのエクスセンスをおすすめします☆彡こちらは黒塗りの渋めの見た目も相まって特に若い世代に人気がるように感じます。シーバスに特化したブランドなのでラインナップも多種多彩でおすすめ。また非常に軽量化されておりティップの設定もソリッドのものが用意されているなどあわやアジングでも使えてしまうのではないかと感じるくらい感度の良さも備えています。

アブガルシアソルティーステージシーバス

こちらもまた海外メーカーなのに定評のあるシーバスロッドです。特にブラックバス経験者から転身してきた人にとっては良く名の知れたメーカーでここのソルトウォーター用に開発されたベイトロッドにもシーバスロッドが用意されておりそちらが特におすすめ。今ではあたりまえの海水域でのベイトタックルのパイオニア的存在でもあります。                      

シーバスのイワシパターンで定番!?おすすめのルアー5つの秘密

ラッキークラフト ビーフリーズ 78S

ビーフリーズシリーズの中でもいちばんバーサタイルで扱いやすい78Sはイワシパターン攻略にもかかせないルアー。
途中にトゥイッチを織り交ぜたファストリトリーブで釣れる。

エクリプス スライトエッジ90

元祖細身バイブレーションのド定番。

タックルハウス ローリングベイト 77

よく飛び、潜り、しかも自らアピールしないルアー。そんなイワシがレンジの奥深い場所にいたときに活躍するのが我らがローリングベイトもう説明不要なくらいシーバスの定番。この何のへんてつもない泳ぎが誘うのである。

バスデイ レンジバイブ 70ES

もうこれも説明不要なシーバスが釣れる代表的なバイブレーションだろう。元々イワシパターンには強い波動のルアーは向いていないと言われているのだが、そんなことはないことを容易に理解させてくれるルアー。釣れるルアーはどんな状況でも釣れるのか!?

シマノ サルベージ 70

こちらは自分の好みで入れてみたバイブレーション。イワシパターンには70か85のどちらかが最適と思う。通常のハイギアのリールの高速リトリーブ対応するこらいで絶妙なアクションをする70。レンジが深く、遠投が必要な場合には85がベター。

シーバスイワシパターン|Il Pescaria

人気の高いサーフでシーバス釣るときのルアーの選び方

ルアーって好みもあるし、その人それぞれの掛けられる予算内とか…。いろいろ考える要素がたくさんあってこれっていうのは最終的には本人しかわからない。別章で何度か触れているけど、ルアーのカラーとかは特に人がこれ釣れるって言われても自分が「釣れるぞ!」ってモチベイションを保ったまま投げ続けられるものでなければ釣れるものも釣れない。

で、俺のようにチキンな性格の奴は決まって、「こうなったらどうしよう!?…」とか不安になり、タイプの違うルアーをたくさん準備して持っていきたくなるのだけどそんなことしていたらお金が持たないし、いろいろ使った挙句、結局は定番の2~3種類に落ち着いたりするのがサーフに限らずシーバス釣行の常である。

もっぱらサーフでのシーバス狙いとなると”釣れるまでただひたすら投げ続ける”忍耐力とともに体力も不可欠になってくる。そんなんときにタックルボックスがパンパンになるまでいっぱいルアー持って行ってたら重くて仕方がない(笑)。

しかもそんなに頻繁にルアー交換している時間があるなら、とにかく投げて泳がせているほうが断然ヒット率は上がる気がする。

結局は自分もいろんなものを試してきたけど、持っていくのも面倒だし使っているのは数種だけ。
自分流のサーフでのルアーの選び方で、結局はよくいくメインのポイントに合わせて最適なルアーを選ぶことになるのだと思います。
【参考資料】
シーバスが釣れるサーフのポイント選び